再現像の設定を考える。-モデル:青山ひかる さん

自分の現像設定の見直し

ポートレートを撮り始めた時に、いろいろなサイトや本を見て自分なりの現像設定をつくりました。自分の写真といった色がついたんですが、 いい感じに現像できるときもあれば、どうにもうまく行かない時もありました。特に肌色は悩んでいました。真っ白な人もいれば、日焼け肌の方もいて、都度都度なにが良いのか考えるのも大変。
違う感じも試したくなってきたので色々見直しています。
ちなみに、 現像設定は、ポートレート、コスプレ向けの現像を意識して作っています。ニコンは肌色が良くないと言われているのをどうにかできないかを考えつつ、ふわっとした印象を意識しています。
なので、Lightroomで明瞭度、自然な彩度、HSLでオレンジ、レッドを中心に調整をしていました。また、シャドウと白を調整して濃淡が低い写真に仕上げていました。 レンズは色々変わっているけど、カメラは概ねNikon D750を使い続けています。良いカメラです。これまでファインダー、センサー、液晶と修理を重ねているけどまだしばらくは頑張れると思う。

青山ひかる
これはこれで良いとは思う。かわいい。

最近の現像トレンド?

SNSに流れる写真はオールドレンズで撮影したか、オールドレンズ風の現像が多い印象ですね。 少しマスクがかかって青か、緑に寄せた感じ。嫌いじゃないし、きれいな写真が多いけど、みんな同じ写真に見えなくもない。それに従って、現像を変えてみる。

青山ひかる
これもいい感じ。

全体的な柔らかい空気感は先の写真がすきだけど、今っぽい感じだとこの写真になるのかな、と。肌の感じはこの写真が良いかな。

過去の写真を再現像

というわけで、過去の写真の現像に着手しています。
2016年、グランボアで撮影したグラビアアイドルの青山ひかる氏 ( @hikaru06kon )。大人気なのでここしばらく全然撮影できていないですが、未だ一番撮影枚数が多いモデルさんでもあります。次に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です